« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

10月29日 労働相談会と食品有効活用研究会のおしらせ

気がつけば、今年もあと3ヶ月、本当にはやいものです。

さて、毎週木曜日に試食会つきの食品有効活用研究会を行っているのですが、本日も19時よりぼちぼちやっていますので、お気軽にお越しくださいね。

以下コピペ

インディユニオンでは、かねてより、生活の基盤となる「食」「住」を充実させることを検討してきました。

賞味期限切れ食品の有効活用の取り組みや、同じく自営業者である農家の方たちとの経済的な共生を考える上で、規格外野菜の有効活用についても取り組みをはじめています。

現時点で、提携農家の方から規格外野菜の取り寄せを行い、有効活用を研究推進していますが、試食会をかねてこれらの野菜を有効に活用するための研究会を19時より、四ッ谷のインディユニオン事務所にて行います。

これから毎週、定期的に試食会を兼ねた研究会を木曜日に行います。

友人宅へ夕食をお呼ばれする感覚で、お気軽に試食会へ参加していただければ幸いです。(組合員以外の方もお気軽にお越しください)

今年は、長雨の関係から野菜の価格が高騰しています。
その反面、形が揃わなかったり、物流の問題で廃棄される野菜がたくさんあります。
当組合は、農家とのフェアトレードや、食料自給率向上、安定供給を目指す「ソーシャルビジネス」を推進したいと考えています。

環境問題や農政問題に関心のある方だけでなく、新たなビジネスチャンスを探しておられる方は、ぜひお越しください。

なお、恐縮ですが、研究会費1000円以上のカンパ(試食会費用込み)をお願いしております。御理解いただければ幸いです。

規格外野菜有効活用研究会

時間:19時より
場所
東京都新宿区愛住町3インディユニオン事務所
(連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン)
丸の内線四ツ谷三丁目駅より徒歩1分
03-6457-4464
費用 1000円以上のカンパをお願いいたします


試食会

無農薬野菜などを活用した試食メニューを予定


研究会内容
名刺交換会、規格外野菜、賞味期限切れ食品を取り巻く現状とビジネスの可能性についてなど


参加ご希望の方はお気軽にレスをしてください。
(インディユニオンの公開アドレス indy@art-j.jpにメッセージをいただいても結構です。)
なお、参加希望の方多数の場合は、締め切らせていただく場合がございます。あらかじめご了承くださいませ

労働相談会も同時開催

労働相談会についても同時に行わせていただく予定です。現在携わっているお仕事でトラブルに遭遇したという方をはじめ、労働環境で様々な問題に直面している方は、お気軽にご相談ください。(こちらは無料です。また組合員以外の方でもご相談いただけますので、お気軽にお越しください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステイラー分会の結成・団体交渉による支援を実施します

このほど、連合ユニオン東京委託労働者ユニオン(インディユニオン)では、
STEILAR C.K.M株式会社で働く委託労働カメラマンたちを中心に「ステイラー分会」
を結成いたしました。

STEILAR C.K.M株式会社
http://www.steilar.com/company/index.html

雑誌やWEB通販などを手がけるこの会社では、昨年来からの度重なるリストラや賃下
げで、「請負」カメラマンたちの賃金は下がったうえに仕事量は増大、労働環境は悪
化しています。

「雇用・賃金の維持」と「賃金制度の見直し」を要求し、組合結成の通告と団体交渉
の申し入れを行いましたが、会社側はこれを拒否しました。
改めて2回目の団交申し入れを先週に送り、会社側の返事を待っている状態です。

インディユニオンでは、分会の仲間を支援し、要求を貫く所存です。皆様のご支援を
よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン 第2回定期大会

連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン
第2回定期大会
◇ 日 時 :  2009年11月7日
15〜16時 定期大会/16〜17時 懇親会
◇ 場 所 :  連合東京会議室
〒108-0023 東京都港区芝浦3-2-22 田町交通ビル2階
TEL:03-5444-0510


大会次第


1.開会挨拶

2.議長選出

3.執行委員長挨拶

4.来賓紹介

5.来賓挨拶(未定)
 (1)連合東京
 (2)連合ユニオン東京  古山 修 氏
   ほか

6.議事
 (1)第1号議案:2008年度経過報告
 (2)第2号議案:2008年度会計報告 および 会計監査報告
 (3)第3号議案:2009年度活動方針
 (4)第4号議案:2009年度予算(案)
 (5)第5号議案:役員選出

7.大会宣言

8.議長解任

9.閉会挨拶

定期大会および懇親会を行います。

懇親会ではドリンクや軽食もご用意し、ざっくばらんな交流会にできればと考えているので、お誘いあわせのうえ、ぜひご来場いただければ幸いです。みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

会場の都合上、可能であれば、ご参加の方は、ご一報いただければ幸いです。
現在、会場設営・資料作成・受付・司会・飲食物準備等、ご協力いただける方、
来賓としてご挨拶いただける方を募集しております。お気軽にご連絡ください。
また、継続的に、書記局やイベントを一緒に手がけてくださる方も募集しています。
メリットは、活動にコアに参加できる、人的ネットワークが広がるということでしょうか。。

新たな期に入り、インディメンバーは総括と展望を踏まえつつ
具体的な実践を試みていくので、今期もご指導・ご鞭撻・ご参加のほど
なにとぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月8日 野菜市開催 食のセーフティネットと農のフェアトレードの実現にむけて

インディユニオンでは、毎週木曜の食の研究会を通じて、まだ食べられるのに捨てられる食品を有効活用した食のセーフティネット構築を提言してきました。

農水省が公開した資料によると、現在日本では500-900万トンの食べられる食品が廃棄されています。

金額にして約2兆円にもなるこれらの食品を有効に活用すれば、職を失ったり、もしくは収入減などによる問題に遭遇しても、生活を維持することに困ることはありません。

現在、分科会を開いて様々なプロジェクトを進行していますが、まずは農家とのフェアトレードの実現などを目的とした野菜市を定期的に開催することにしました。

インディユニオンが事務所をかまえる自由と生存の家を運営する「自由と生存の家実行委員会」に協賛する形で第一回の野菜市を開催いたします。

千葉・成田三里塚、島根などの農家と提携し、野菜の販売を行います。

今回の野菜市は、インディユニオン創立時に提言した「生協の実現」、また自営業者である農家との経済的にフェアな取引を実現するものと考えます。また、労組以外の方にも安全な野菜を安定してお届けすることにもつながるものと考え、協賛開催を行うことに決定いたしました。

以下の日程で第一回の野菜市を開催いたします。ぜひお気軽にお越しください。

11月8日 10:00-16:00ごろ

自由と生存の家 東京都愛住町3
営団地下鉄丸の内線 四ツ谷3丁目駅徒歩1分
連絡先 インディユニオン 03-6457-4464  

野菜市以外に、不用品のバザーなども行います。ぜひお気軽にお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月22日 食品有効活用研究会と労働相談会のおしらせ

気がつけば10月 急に肌寒くなってきましたね。気がつけば、今年もあと3ヶ月、本当にはやいものです。

さて、毎週木曜日に試食会つきの食品有効活用研究会を行っているのですが、本日も19時よりぼちぼちやっていますので、お気軽にお越しくださいね。

以下コピペ

インディユニオンでは、かねてより、生活の基盤となる「食」「住」を充実させることを検討してきました。

賞味期限切れ食品の有効活用の取り組みや、同じく自営業者である農家の方たちとの経済的な共生を考える上で、規格外野菜の有効活用についても取り組みをはじめています。

現時点で、提携農家の方から規格外野菜の取り寄せを行い、有効活用を研究推進していますが、試食会をかねてこれらの野菜を有効に活用するための研究会を19時より、四ッ谷のインディユニオン事務所にて行います。

これから毎週、定期的に試食会を兼ねた研究会を木曜日に行います。

友人宅へ夕食をお呼ばれする感覚で、お気軽に試食会へ参加していただければ幸いです。(組合員以外の方もお気軽にお越しください)

今年は、長雨の関係から野菜の価格が高騰しています。
その反面、形が揃わなかったり、物流の問題で廃棄される野菜がたくさんあります。
当組合は、農家とのフェアトレードや、食料自給率向上、安定供給を目指す「ソーシャルビジネス」を推進したいと考えています。

環境問題や農政問題に関心のある方だけでなく、新たなビジネスチャンスを探しておられる方は、ぜひお越しください。

なお、恐縮ですが、研究会費1000円以上のカンパ(試食会費用込み)をお願いしております。御理解いただければ幸いです。

規格外野菜有効活用研究会

時間:19時より
場所
東京都新宿区愛住町3インディユニオン事務所
(連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン)
丸の内線四ツ谷三丁目駅より徒歩1分
03-6457-4464
費用 1000円以上のカンパをお願いいたします


試食会

無農薬野菜などを活用した試食メニューを予定


研究会内容
名刺交換会、規格外野菜、賞味期限切れ食品を取り巻く現状とビジネスの可能性についてなど


参加ご希望の方はお気軽にレスをしてください。
(インディユニオンの公開アドレス indy@art-j.jpにメッセージをいただいても結構です。)
なお、参加希望の方多数の場合は、締め切らせていただく場合がございます。あらかじめご了承くださいませ

労働相談会も同時開催

労働相談会についても同時に行わせていただく予定です。現在携わっているお仕事でトラブルに遭遇したという方をはじめ、労働環境で様々な問題に直面している方は、お気軽にご相談ください。(こちらは無料です。また組合員以外の方でもご相談いただけますので、お気軽にお越しください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いんでぃTV 10月6日号

今回のいんでぃTVは、スペシャルゲストにとして「完全自殺マニ ュアル」などの著書で知られる、鶴見済さんをお迎えし、フリーラ イターとしての苦労や反グローバリズムの活動などについて語って いただきました。 今回は特別編として、3回に分けてお送りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月15日 食の研究会・労働相談会お休みのお知らせ

昨晩の食の研究会は、鮭の白子のチャウダーをお出ししました。

鮭の卵は、言わずとしれた「いくら」「筋子」
高値で販売されていますが、白子はあまりありがたがられないですよね。

規格外の野菜と、鮭の白子がたくさん手に入ったので、ホワイトソースを練って、野菜を煮込み、薄くそぎ切りにして軽く火を通した鮭の白子を煮込んでチャウダーにしてみました。しつこくないまったりとした風味で、参加された皆様が大変驚いていらっしゃいました。
あとで、写真をアップさせていただきますね。

なんだか食べてばっかりのように見えますが、おいしく食事をしながら、今まで無駄にしてしまっていた食物の力を見直し、私たちの生活の糧になることを見直すことは、よい勉強になると考えています。
まだ食べられるのに捨てられてしまう食物は、年間500-900万トンあるといわれています。
これらの食品を再分配し、非常時の食料配給や、収入が少なく生活が困難な方たちのセーフティネットとして活用する仕組みづくりをインディユニオンは実現したいと考えています。

さて、毎週木曜日に、食の研究会と労働相談を行ってまいりましたが、来る15日は、インディユニオンの執行委員会に重なるため、お休みとさせていただきます。

次回は、22日を予定しています。

寒くなってきましたので、あたたかくておいしいもの(もちろん、じゅうぶん食べられるのに捨てられてしまう食材をフル活用したものです)をご用意して、勉強を重ねていきたいと考えています。

1週間お休みをいただきますが、そのぶん成長した内容で、研究会を開催したいと思いますので、ご参加をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月8日 労働相談会と食の研究会のお知らせ

気がつけば10月 急に肌寒くなってきましたね。気がつけば、今年もあと3ヶ月、本当にはやいものです。

さて、毎週木曜日に試食会つきの食品有効活用研究会を行っているのですが、先週に引き続き、夏の疲れをしっかりとって、しっかり体を癒す料理でも作れたらと思っています。19時よりぼちぼちやっていますので、お気軽にお越しくださいね。

以下コピペ

インディユニオンでは、かねてより、生活の基盤となる「食」「住」を充実させることを検討してきました。

賞味期限切れ食品の有効活用の取り組みや、同じく自営業者である農家の方たちとの経済的な共生を考える上で、規格外野菜の有効活用についても取り組みをはじめています。

現時点で、提携農家の方から規格外野菜の取り寄せを行い、有効活用を研究推進していますが、試食会をかねてこれらの野菜を有効に活用するための研究会を9月3日(木)19時より、四ッ谷のインディユニオン事務所にて行います。

これから毎週、定期的に試食会を兼ねた研究会を木曜日に行います。

友人宅へ夕食をお呼ばれする感覚で、お気軽に試食会へ参加していただければ幸いです。(組合員以外の方もお気軽にお越しください)

今年は、長雨の関係から野菜の価格が高騰しています。
その反面、形が揃わなかったり、物流の問題で廃棄される野菜がたくさんあります。
当組合は、農家とのフェアトレードや、食料自給率向上、安定供給を目指す「ソーシャルビジネス」を推進したいと考えています。

環境問題や農政問題に関心のある方だけでなく、新たなビジネスチャンスを探しておられる方は、ぜひお越しください。

なお、恐縮ですが、研究会費1000円以上のカンパ(試食会費用込み)をお願いしております。御理解いただければ幸いです。

規格外野菜有効活用研究会

時間:19時より
場所
東京都新宿区愛住町3インディユニオン事務所
(連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン)
丸の内線四ツ谷三丁目駅より徒歩1分
03-6457-4464
費用 1000円以上のカンパをお願いいたします


試食会

無農薬野菜などを活用した試食メニューを予定


研究会内容
名刺交換会、規格外野菜、賞味期限切れ食品を取り巻く現状とビジネスの可能性についてなど


参加ご希望の方はお気軽にレスをしてください。
(インディユニオンの公開アドレス indy@art-j.jpにメッセージをいただいても結構です。)
なお、参加希望の方多数の場合は、締め切らせていただく場合がございます。あらかじめご了承くださいませ

労働相談会も同時開催

労働相談会についても同時に行わせていただく予定です。現在携わっているお仕事でトラブルに遭遇したという方をはじめ、労働環境で様々な問題に直面している方は、お気軽にご相談ください。(こちらは無料です。また組合員以外の方でもご相談いただけますので、お気軽にお越しください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月1日 労働相談と食の研究会

気がつけば10月 急に肌寒くなってきましたね。気がつけば、今年もあと3ヶ月、本当にはやいものです。

さて、毎週木曜日に試食会つきの食品有効活用研究会を行っているのですが、連休明けということで、試食会のほうは予定は未定。
先週に引き続き、夏の疲れをしっかりとって、しっかり体を癒す料理でも作れたらと思っています。19時よりぼちぼちやっていますので、お気軽にお越しくださいね。

以下コピペ

インディユニオンでは、かねてより、生活の基盤となる「食」「住」を充実させることを検討してきました。

賞味期限切れ食品の有効活用の取り組みや、同じく自営業者である農家の方たちとの経済的な共生を考える上で、規格外野菜の有効活用についても取り組みをはじめています。

現時点で、提携農家の方から規格外野菜の取り寄せを行い、有効活用を研究推進していますが、試食会をかねてこれらの野菜を有効に活用するための研究会を9月3日(木)19時より、四ッ谷のインディユニオン事務所にて行います。

これから毎週、定期的に試食会を兼ねた研究会を木曜日に行います。

友人宅へ夕食をお呼ばれする感覚で、お気軽に試食会へ参加していただければ幸いです。(組合員以外の方もお気軽にお越しください)

今年は、長雨の関係から野菜の価格が高騰しています。
その反面、形が揃わなかったり、物流の問題で廃棄される野菜がたくさんあります。
当組合は、農家とのフェアトレードや、食料自給率向上、安定供給を目指す「ソーシャルビジネス」を推進したいと考えています。

環境問題や農政問題に関心のある方だけでなく、新たなビジネスチャンスを探しておられる方は、ぜひお越しください。

なお、恐縮ですが、研究会費1000円以上のカンパ(試食会費用込み)をお願いしております。御理解いただければ幸いです。

規格外野菜有効活用研究会

時間:19時より
場所
東京都新宿区愛住町3インディユニオン事務所
(連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン)
丸の内線四ツ谷三丁目駅より徒歩1分
03-6457-4464
費用 1000円以上のカンパをお願いいたします

試食会

無農薬野菜などを活用した試食メニューを予定

研究会内容
名刺交換会、規格外野菜、賞味期限切れ食品を取り巻く現状とビジネスの可能性についてなど

参加ご希望の方はお気軽にレスをしてください。
(インディユニオンの公開アドレス indy@art-j.jpにメッセージをいただいても結構です。)
なお、参加希望の方多数の場合は、締め切らせていただく場合がございます。あらかじめご了承くださいませ

労働相談会も同時開催

労働相談会についても同時に行わせていただく予定です。現在携わっているお仕事でトラブルに遭遇したという方をはじめ、労働環境で様々な問題に直面している方は、お気軽にご相談ください。(こちらは無料です。また組合員以外の方でもご相談いただけますので、お気軽にお越しください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »