« 10月22日 食品有効活用研究会と労働相談会のおしらせ | トップページ | 連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン 第2回定期大会 »

11月8日 野菜市開催 食のセーフティネットと農のフェアトレードの実現にむけて

インディユニオンでは、毎週木曜の食の研究会を通じて、まだ食べられるのに捨てられる食品を有効活用した食のセーフティネット構築を提言してきました。

農水省が公開した資料によると、現在日本では500-900万トンの食べられる食品が廃棄されています。

金額にして約2兆円にもなるこれらの食品を有効に活用すれば、職を失ったり、もしくは収入減などによる問題に遭遇しても、生活を維持することに困ることはありません。

現在、分科会を開いて様々なプロジェクトを進行していますが、まずは農家とのフェアトレードの実現などを目的とした野菜市を定期的に開催することにしました。

インディユニオンが事務所をかまえる自由と生存の家を運営する「自由と生存の家実行委員会」に協賛する形で第一回の野菜市を開催いたします。

千葉・成田三里塚、島根などの農家と提携し、野菜の販売を行います。

今回の野菜市は、インディユニオン創立時に提言した「生協の実現」、また自営業者である農家との経済的にフェアな取引を実現するものと考えます。また、労組以外の方にも安全な野菜を安定してお届けすることにもつながるものと考え、協賛開催を行うことに決定いたしました。

以下の日程で第一回の野菜市を開催いたします。ぜひお気軽にお越しください。

11月8日 10:00-16:00ごろ

自由と生存の家 東京都愛住町3
営団地下鉄丸の内線 四ツ谷3丁目駅徒歩1分
連絡先 インディユニオン 03-6457-4464  

野菜市以外に、不用品のバザーなども行います。ぜひお気軽にお越しください。

|

« 10月22日 食品有効活用研究会と労働相談会のおしらせ | トップページ | 連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン 第2回定期大会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1142943/31884336

この記事へのトラックバック一覧です: 11月8日 野菜市開催 食のセーフティネットと農のフェアトレードの実現にむけて:

« 10月22日 食品有効活用研究会と労働相談会のおしらせ | トップページ | 連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン 第2回定期大会 »