« フリーランス合同企画 INこどもの日「 芸術体験ひろば」 | トップページ | 29日フリーランスワーカー震災ホットラインについて 厚生労働省で記者会見を行いました »

震災で仕事に苦しむ仲間と連帯を 5・29 ストップ!不払いキャンペーン

去る3月11日に発生した震災にともなう労働相談を、当労組はじめ、フリーランスのユニオンと連帯し、5月29日に行います。
各ユニオンの相談員に加え、日本労働弁護団の協力も仰ぐこととなりました。震災にともなう労働問題で悩んでいたら、ぜひ相談してください。

●5・29 ストップ!不払いキャンペーン

「震災のしわ寄せ」、相談受けます!
フリーランス震災ホットライン
5月29日(日)10時~17時 

私たちフリーランスのユニオンは、震災に絡んだ働き方をめぐる相談を受ける「フリーランス・震災ホットライン」を行うことになりました。

いま、被災地だけでなく、関東圏の労働行政窓口や労働組合にも、震災を理由ないし口実にした解雇、雇止めなどの相談が相次いでいます。

フリーランスにも、イベント自粛に伴う減収、震災を口実にした契約打ち切り、雑誌休刊に伴う仕事減などの問題が起きています。

力を合わせて復興を進めていくためにも、働く者、弱い者に一方的に犠牲が押し付けられてはなりません。そこで、困っている人の相談にのると同時に、震災に絡んだ仕事への影響を把握するためにも、電話相談に取り組みます。

まわりの方々に宣伝をお願いいたします。

【こんなときは相談を!】

◎震災を理由にイベントが中止に。ギャラは?
◎震災で売上が減ったことを理由に、継続していた契約が打ち切られました。
◎大口取引先が被災したため、受注量が激減しました。救済策はありますか?

◎被災したわけでもないのに、取引先が地震を理由に一方的に単価を下げてきました。
◎仕事が減って家賃を滞納し、アパートを出て行けと大家に言われてしまいました。

(相談電話番号)
03-6304-5773   03-6304-5774

【主催】日本音楽家ユニオン、映画演劇アニメーションユニオン、
出版ネッツ、インディユニオン

(連絡先)03-5909-3457(日本音楽家ユニオン)
【協力】日本労働弁護団

ちらしはこちらからダウンロードしてください(PDF)

「shinsaichirashi1.pdf」をダウンロード

|

« フリーランス合同企画 INこどもの日「 芸術体験ひろば」 | トップページ | 29日フリーランスワーカー震災ホットラインについて 厚生労働省で記者会見を行いました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

前のコメントに県が非常にふざけた内容だったので、見て頂けるのか不安で、
今一度こちらにコメント致します。
どうぞ宜しくお願い致します。

> 初めまして。
インディユニオンや、インディTVと言う存在があったとは、
今の今迄存じませんでした(謝)!!!
動画を拝見していると、鶴見済さんはインディTVの顔なのかなと思ってご連絡をしております。
鶴見さんの事は、完全自殺マニュアル等で有名とアナウンスされていましたが、
あいにくわたくしは存じませんでした。

それよりも最近の書店にあった、「脱資本主義宣言」に感銘を受けて、
ページ最初から感動の嵐だったのです。
こうして正義と正論を威風堂々とお書きになっているのは、フリーランスそのものの証かなあと感じました。
それに読み進めて行くと、わたくしが論じようとしていた事の論証をお示し下さっているかのようなページがあり、
著作権に触れてしまうと問題なので、このページを引用させて頂きたいと打診したくて、
連絡先を探しております。
ご連絡先を教えて頂くか、わたくしのメールアドレスまでご本人とのご連絡を取り次いで頂けますでしょうか。

投稿: のもと | 2012年9月 3日 (月) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1142943/39999893

この記事へのトラックバック一覧です: 震災で仕事に苦しむ仲間と連帯を 5・29 ストップ!不払いキャンペーン:

« フリーランス合同企画 INこどもの日「 芸術体験ひろば」 | トップページ | 29日フリーランスワーカー震災ホットラインについて 厚生労働省で記者会見を行いました »